· 

【雑学】台風の名前の決め方

台風の季節、ニュースでは頻繁に台風情報が取り上げられますよね。

ニュースの台風情報でよく耳にする「台風〇号」という言い方が日本では一般的ですが、ネットやスマホで台風情報を見てみると、「台風〇号」の近くに「ノグリー」など、台風に固有の名前が付けられているのが目に留まりますよね。

ちなみに「ノグリー」とは、2014年7月に発生した台風の中で過去最強だった台風8号の呼び名で、韓国語で「たぬき」という意味。

ここで疑問に思うのは、台風8号の名前がなぜ韓国語なのか、ということですよね。

日本の警戒範囲で発生した台風であれば、わざわざ韓国語の名前にせず、日本語で名前を付けてもいいような気がします。

実は、台風に付ける名前にはしっかりとした世界基準のルールが存在するみたいなのです。

 

台風の名前の決め方とは、

元々台風の名前は、アメリカが独自に付けており、その名前には人名を使用していました。

言われてみれば、確かに「カトリーナ」など、人の名前のような台風を聞いたことある。

そしてアメリカでは、「台風〇号」と呼ぶよりも、付けられた名前で呼ぶのが一般的とのことです。

ただ、人名を使っているとしたら、台風と同じ名前になってしまった人は少しかわいそうな気もします。

そして2000年から始まった、領域内で用いられる固有の名前。

加盟国が提案した名前も気になりますが、やっぱり日本が提案した名前も気になるところですよね。

 

加盟国では、あらかじめ140個の名前が事前に用意されていて、毎年台風が発生すると、そのリストの1番目から順番に発生した台風に名付けられています。

そして、リストの最後の名前である140番目まで行くと、また1番目に戻り、再び140番まで順番に使用されます。

その140個の名前の中で、日本に割り当てられた枠は10個。

そして、日本では星座の名前を提案しています。

  • てんびん座 → テンビン
  • やぎ座 → ヤギ
  • うざぎ座 → ウサギ など

もし次に、日本の提案した名前の順番がまわってきた場合は、かんむり座から「カンムリ」という台風の名前になります。

 

 

こうして提案された名前の意味を見ていくと、かなり面白い名前もありますよね。

ずっと人の名前を付けていたアメリカも、少しだけ別の名前を混ぜていているものの、やっぱり人の名前が軸になっているようです。

この140個の名前がローテーションで名付けられていくと前述しましたが、実は名前の引退制度というものもあるようです

引退制度というよりも、誤解を恐れずに言ったら、殿堂入りと言った方がわかりやすいかもしれません。

自然災害なので、こういう言い方は良くないかもしれませんが、分かりやすい表現で使っています。

人々の記憶、そして記録に残るような被害をもたらした台風に付けられた名前は、この140個ある名前リストから外され、名付けられた台風だけの固有名称になるというものです。

こうして殿堂入りした名前が出た際には、また違う名前が加盟国から提案されリストに補充されます。

そして、常に140個の名前候補を維持する仕組みになっています。

この仕組みによって、もしかしたら名前候補リストに、今よりもっと面白い名前が出てくるかもしれませんね。

以上、雑学大好き女子 河井 の台風の名前の決め方雑学でした☻

 

長々と失礼しました…